1

カテゴリー

グループから探す

コンテンツ

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
ピンク色は定休日です

猫用CBDオイル BAILEY’S にゃんこおいる

販売価格 5,300円(税込)

ペットの健康問題解決に

ペット用CBDオイル BAILEY'Sの特徴

  • ペット専用に作られたCBD製品

    ペットが人間と同じ食事を食べないことと同じように、人間用をペットに与えると合併症などを引き起こしてしまう可能性があります。BAILEY'Sは、ペット専用に作られているので、安心安全な製品です。
  • 原料へのこだわり

    米農務省からオーガニック認定を受けた小規模な家族経営のヘンプ農家で栽培されたヘンプを全て手摘みで収穫することで職人的な高品質を保証しています。そのため、犬の健康に害をもたらす添加物や防腐剤を一切含んでおりません。
    また、当社のヘンプオイルには、植物性カンナビノイド、テルペン、フラボノイドが豊富に含まれており、最適な治療効果が得られます。
  • THCは一切含まれていません

    BAILEY'SのCBD製品には、THC成分が一切含まれていない為、ペットがハイになるなどの心配は一切ありません。
    また、BAILEY'Sは「校正労働省の麻薬取締課/税関/食品検疫所」の3つの行政機関に正式な書類を提出し、通関許可を得た製品のみを販売しています。
  • ボトル容器へのこだわり

    ボトル容器は鉛やヒ素などの残留重金属が残らないよう加熱コーティングを施しています。また、すべての容器はMade In USAの物のみを使用しています。
  • 監修医のこだわり

    BAILEY'SのCBD製品は、コロラド州のロバート・J・シルバー博士監修のもとで適切な用法容量/含有成分の指導を受けて作られています。また、ロバート博士の研究結果に基づいたペットの体重や年齢などを考慮した処方容量のガイドラインなどもあります。
  • 分析結果の透明性へのこだわり

    製品の箱にはQRコードが掲載されています。 このQRコードは、お客様が購入した製品の成分分析結果(COA)を確認することが出来ます。 これは、私たちが追及している「成分分析結果の透明性」でもあり安全性を追求した結果です。

ペットにはなぜCBDが必要なの?

私たちの愛する犬や猫を含むすべての哺乳類は、気分、食欲、睡眠などの多くの重要な機能を担うエンドカンナビノイドシステム(ECS)を体内に持っています。 エンドカンナビノイドシステムとは、受容体と呼ばれる細胞と、その受容体に働きかけるカンナビノイドて構成される体内システムのことです。鍵穴と鍵の仕組みと同じで受容体が鍵穴てあり、カンナビノイドが鍵です。
カンナビノイドは体内でも生成されますが、不足しがちなため、植物性カンナビノイドてあるCBDを補給することで、カンナビノイドと受容体が結合し、健康を維持するために必要な生理反応を起こし健康状態を維持することができます。
主な受容体にはCBI受容体とCB2受容体があり、体の至る所に存在します。
CBl受容体:主に脳や中枢神経系に存在
CB2受容体:主に末梢器官、 特に免疫系に存在
また、海外の研究ては、CBDは疼痛/発熱/炎症の治療に用いられるNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)や、強い痛みの鎮痛で使用されるオピオイド(麻薬性鎮痛薬)などよりも優れた安全性を示す。という分析結果も出ています。

CBDがもたらすメリット

  • ”作用なく、アレルギーや皮膚病の改善に役立ちます。

    アレルギーや皮膚病が酷いねこちゃんのほとんどは、アレルギーの対処法としてプレドニン(ステロイドを多量に含む薬品)等の医薬品を定期的に服用しています。しかし、プレドニンを服用し続けることにより「慢性的な喉の渇き、異常な空腹感、うめき、倦怠感、感染症の発症(特に最近性皮膚感染症)など」の副作用があるといわれています。
    これに対し、CBDは副作用なくしてアレルギーの原因とされる肌細胞の増殖と分化をコントロールできた。という研究結果が2013年にイタリアの研究結果て発見されています。
    犬や猫の身体にもあるECSを整えることて、体内のホメオタシスやバランスの調整を行い症状を軽減することが可能です。
  • ⊃欲増進・消化不良解消に役立ちます。

    CBDには消化器系の恒常性(バランス)を整える効果があり、そのため、栄養不足のペットの食欲を促進するのに役立ちます。また、CBDは胃の不調を落ち着かせる効果もあるため吐き気を抑えることにも有効だと言われています。
  • I作用なく、てんかん発作を緩和させるのに役立ちます。

    てんかん発作とは脳が電気的ショートを起こし、痙攣発作が繰リ返し起きるということを指します。
    てんかんで処方される薬にはフェノバール等の抗てんかん薬がありますが、これらの薬は副作用が辛く「吐き気、頭痛、脱毛、歯肉の腫れ、肝不全、必要以上の鎮静効果、多動、睡眠障害、過敏性」や長期的な使用により腎臓の数値を悪くするといわれています。
    これに対し、CBDは副作用なくしててんかん発作を抑える。という研究結果が2013年時点てイギリスの研究結果て発見されています。これらの研究結果や近年の研究発達により、アメリカなどのCBD先進国では薬の代わりにCBDを愛用するペットが増えています。
  • ご慇瓠Ω坿慇瓩僚みや炎症を減少させるのに役立ちます。

    CBDの効果として多くの実績を出しているいのが「抗炎症作用や鎮痛作用」です。
    2012年のカナダの研究機関の研究結果によると、関節炎や変形性関節症を引き起こした動物にCBDを経ロ投与したところ、関節炎の進行をプロックしたという結果や関節の炎症を減少させ神経の保護剤として効果を発揮した。という研究結果が出ています。
    また、2008年に発表された論文には、CBDを含むカンナビノイドが多発性硬化症や癌などによって引き起こされる痛みに効果的であるという論文も発表されています。
  • ノ估眈磴簀鯑眈磴両評緩和に役立ちます。

    緑内障は非常に一般的な目の病気です。原因は眼圧が高くなり、目の中の液体の排出が不十分になることが挙げられています。また、症状が進行すると、視野や視力を回復することがてきない上、初期段階は自覚症状もほとんどありません。
    これに対し、CBDはECSを正常な状態に整えることで眼圧を下げる効果があるといわれており、これに伴う吐き気や頭痛を鎮静作用により緩和することが出来ます。

愛するペットの健康問題解決に

【原材料】MCTオイル・カンナビジオール(100) 【内容量】15ml 【賞味期限】商品に別途記載 【製造国】アメリカ合衆国 【使用方法】1日1〜2回程度、適量を専用スポイトで食べ物に垂らして与えてください。 【保存方法】直射日光を避け、常温で保存してください。開封後は、要冷蔵