1

カテゴリー

グループから探す

コンテンツ

2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ピンク色は定休日です

HEMP CBD 99 (ナインティナイン)

販売価格 11,000円(税込)

睡眠とストレス緩和に

HEMP CBD 99 (ナインティナイン)の特徴

  • 吸収率をアップさせる特許製法

    HEMP CBD 99の製造方法は、日本で製法特許出願済の特殊な製造方法を採用しております。この製造方法によりCBD(カンナビジオール)の吸収率を格段に高めることに成功しました。製法特許出願No.2020-018902
  • 既存の品種からCBDを抽出!!

    ここ数年で世界的にCBDオイル関連の商品需要が伸びてきたために、大麻の品種改良が頻繁に行われております。遺伝子組み換えなどにより酩酊状態を引き起こすTHC(テトラヒドロカンナビロール)の含有量が少なくなるような品種改良がされています。品種改良により大麻本来の持つ力が軽減してしまっている品種も増えてきています。HEMP CBD 99で使用している大麻は、古くから存在する既存の品種を使用しているので安心して愛用頂けます。
  • 高品質保持のためのミニボトル

    大麻の主要成分の一つであるTHCは、抽出して数時間でCBNに変性することで知られています。同様にCBDも封を開けてから酸化が進むため、早いタイミングで使い切る必要があると考えています。弊社では、高いクォリティーでご使用頂くために、1か月で1本を使い切るサイズで提供しております。
  • 安心安全な日本製

    HEMP CBD 99の原料は、アメリカから既存種から抽出した99,99%の高純度のCBDの結晶を輸入して、日本の工場で特許製法によりMCTオイルに溶かし込んで完成した日本製のCBDオイルです。日本の法律を遵守した安心安全な商品となっています。
    ※世界ドーピング協会でも、CBDの単体に関しては使用を許可しておりますので、アスリートの方でも安心して摂取する事が出来ます。
  • 溶解液としてMCTオイルを使用

    オリーブオイルやヘンプオイルを使用した商品も多いのですが、HEMP CBD 99は、味や匂いに癖が無くどなたでもお気軽にお飲み頂けるようにMCTオイルを採用致しました。
    また、MCTオイルは、エネルギーに変換されるのが早いので美容面でのサポートにもなると考えました。

CBDオイルの飲み方

HEMP CBD 99のボトルは、スポイトボトルを採用しております。スポイトの1/3くらいを1回の目安として直接召し上がるか、コーヒーやジュースなどのお飲み物に混ぜてお召し上がりください。
※舌下に垂らして1〜2分転がしてから飲むと言う飲み方が一般的のようですが、CBDオイルは薬ではなく食品なので、薬機法と言う法律で制限されておりますので、特別な飲み方はございません。

CBD(カンナビジオール)とは?

大麻草やヘンプなどの大麻植物(カンナビス)には、カンナビノイドと言う生理活性物質が100種類以上含まれています。その中で、最もエビデンスがしっかりしている物質をCBD(カンナビジオール)と言います。

人間をはじめとする多くの脊椎動物には、CBDを利用する臓器や器官が数多く存在しています。ECS(エンド・カンナビノイド・システム)は、CBDを利用する体内の主要なシステムです。

(エンド・カンナビノイド・システム)とは

ECS(エンド・カンナビノイド・システム)とは、人間の身体全体のホメオスタシス(恒常性)のために休まず働いている神経伝達のネットワークの事です。
ニューロンや神経経路、受容体をはじめ細胞、分子、酵素が潤滑に働き、外因性のストレスや環境の変化に関わらず、体内の環境が一定に保たれるように働いてくれるシステムを言います。

ハードな生活習慣や加齢と共に、体内にあるカンナビノイドは減少していきます。カンナビノイドが減少することにより、ECSは正常に働かなくなってきます。身体にとって重要なカンナビノイドを補給するために1番エビデンスの高い物をCBD(カンナビジオール)と言います。

CBDの歴史

人類が初めて大麻草に触れたのは、1万2000年前の中央アジアであったとされています。この時代は、新石器時代で、人間の暮らしにとって、とても重要な転換期が訪れた時代でした。

それは、農業と言う現代の人間文化の礎と言える時代です。
大麻草は、人類が最初に農作物として栽培した農耕作物の一つでした。

中国の神話に登場する「神農」と言う人物が、大麻草をはじめとする薬草の実験を記録したものが、数千年の時を経て「神農本草経」に収録されたのが始まりです。やがて、インドに渡りアーユルヴェーダにも利用されるようになりました。

紀元前1500年ころになると、大麻草は、ペルシャやギリシャ、現在のドイツなどに渡り、ヨーロッパからロシア、中東へと広がっていきました。

そして移民がアメリカへわたり全世界で大麻草は使われるようになりました。
日本でも、神道の世界で古くから使用され、日本人の生活にも欠かせない物でしたが、第2次世界大戦後、GHQの占領下で、禁じられ栽培も研究も出来ない状況が長年続きました。

大麻草は、科学とは無縁と言う理由から「医療用途がない麻薬」と言うレッテルを張られて数十年の時間が経過しましたが、特別な薬効については世界中で見直しが進み、復権の勢いが日増しに大きくなっています。

WHO(世界保健機関)でも80年に及ぶ止まった時を動かして、科学的な見直しが始まりました。現在では、医療用大麻の解禁の国も増えてきました。
さらに、新聞やネットニュースを賑わしているように、カナダなどの様に嗜好用大麻解禁の国まで出てきています。

大麻草には、カンナビノイドと総称される神経伝達や細胞賦活などの生理活性物質が100種類以上含有されていると言われています。その中で、主役となっている成分が、THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)と言う2つの成分です。

THCは、薬効が精神作用のために使用が規制されており、医療大麻の部類になります。日本では、CBDをはじめとするTHC以外のカンナビノイドが使用可能となっております。

睡眠とストレス緩和に

【原材料】MCTオイル(インドネシア産)・カンナビジオール(100) 【内容量】10ml 【賞味期限】商品に別途記載 【製造国】日本製 【使用方法】1日1〜2回程度、適量を専用スポイト(オイルのみ)で食べ物、飲み物に加えるもしくは直接お召し上がりください。 【保存方法】直射日光を避け、常温で保存してください。開封後は、要冷蔵